浮気アンケート調査

不倫を許せるかアンケート調査を実施!男女の答えの違いを徹底比較

不倫は良くないものである、という認識はおそらく誰でも持っていますよね。ほとんどの人が自分のパートナーには不倫をしてほしくないと思っているのではないでしょうか。


しかし、パートナーが不倫をしてしまった場合の対応は、人によって異なると考えられます。許せる人もいれば、絶対に許せない人もいるでしょう。その判断には男女の違いも関係してくるのでしょうか。


そこで今回は、既婚の男性と女性100名ずつに、「パートナーの不倫を許せますか?」とアンケートを取ってみました。それぞれの回答を見ながら、男女の対応についても比較してみます。


男性の過半数は妻の不倫を許せない!裏切りはダメ



アンケートの結果、6割ほどの男性が「いいえ」と答え、「はい」と答えた男性の数を上回りました。妻に裏切られることを我慢できない男性が多いのが、その理由として挙げられます。


たとえば

「これからの人生をずっと一緒に生きていくためには、1度の裏切りでも信頼できなくなるから。(30代/男性/正社員/既婚)」


「子どもがいるので、自分というよりも子供を裏切る行為をするということ自体が許せない。(30代/男性/正社員/既婚)」
という意見が多くみられました。


女性の不倫を特別視している男性も少なくありません。

「女性の浮気は男性とは違い本気が入っていそうなので、許せないと思います。(50代/男性/正社員/既婚)」


「妻の不倫は絶対許さない。自分はさんざん浮気をしていながら、これを男の身勝手というのでしょうか?(70代/男性/無職/既婚)」
のように、男性の不倫より罪が重いとみなす傾向があるようです。妻の気持ちが自分に向いていることを、重視している男性が多いことが窺えました。


妻への思いやりがある場合は許せることも



「はい」と答えた男性の方が少なく、全体の4割程度でした。許せる理由として、妻の日頃の苦労を思いやる意見が目立ちます。


「許すと思う。自分も不倫ではないが、迷惑ばかりなのでお互い様くらいで許すと思う。(40代/男性/正社員/既婚)」


「ストレスが溜まって家を出て行かれるよりは不倫で欲求が満たされるのであれば我慢するしかないと考えています。(40代/男性/正社員/既婚)」
のように、妻への思いやりが垣間見える人が多くいました。


その一方で、自分も不倫の経験があることを理由に挙げる男性も見受けられました。

「自分も不倫してしまったことがあるので、羽を伸ばしている程度であれば見て見ないふりをします。(40代/男性/正社員/既婚)」


「わたしも不倫しているので、ダブル不倫ですね。わたしがしているのに、一方だけを責めることができるはずもありません(20代/男性/経営者/既婚)」
のように、不倫の経験があると許す傾向にあるようです。


女性は大多数が不倫を許さない!不倫を嫌悪



アンケートの結果、8割近くの女性が「いいえ」と答え、「はい」と答えた女性の数を大きく上回りました。多くの女性が、不倫に対する嫌悪感を持っていることが主な理由と考えられます。


たとえば、

「不倫したら即離婚と決めている。気持ち悪いし、一緒にいてみじめなので。(30代/女性/専業主婦/既婚)」
というように、生理的な嫌悪感を持つ女性も多く見られました。


「万が一不倫なんてことをしたら離婚だと思っています。絶対に許せません。(20代/女性/パート・アルバイト/既婚)」
のように、離婚する強い意思を持つ人も少なくありません。


嫌悪感を覚えるとともに、自分が軽んじられていることに腹を立てる人も多いです。

「たとえ1度の過ちでも、私のことを大切にしてくれていないという証拠だから、許せない。(30代/女性/パート・アルバイト/既婚)」
というように、自分への愛情の陰りを気にする傾向が窺えます。


このように、理由のほとんどが感情による判断に基づくものでした。不倫に至った事情を考慮するなど、理論的に検討する意思が見られないのが大きな共通点です。


今後の生活のことを考えて許す女性もいる



「はい」と答えた女性は2割程度で少数派でした。その理由として多く見られたのは、今後の生活を気にするものです。特に

「子供がいるので、1度なら許すと思います。もちろん色々と制約はつけます。(30代/女性/専業主婦/既婚)」


「子供がいると、経済的にも一人では厳しいし、これまで通り家でいい父をしてくれるならいいかなと。(30代/女性/パート・アルバイト/既婚)」
というように、子供がいることが理由になるケースが目立ちました。


しかし無制限に許すわけではなく、

「1回までなら許すと思う。その後は、状況を見て判断すると思います。(30代/女性/正社員/既婚)」
のように、繰り返さないことを条件とする傾向が見られます。


その一方で、

「我が家のお金をおびやかしたり、世間にばれなければ、正直構わないかも。(40代/女性/専業主婦/既婚)」
というように、生活に支障がなければ良いと割り切っている女性も見受けられました。どちらにせよ許す場合は、生活のことを重視しているようです。


女性の方が厳しい!不倫に対する捉え方の違いを認識しておこう


今回のアンケートでは、女性の方が不倫したパートナーに厳しいという結果になりました。男性と比べると、不倫を絶対悪とみなしている人が多くいたのが特徴です。


回答した男性の多くも不倫は良くないことであると認識しています。しかし不倫中の人もいるなど、女性よりは不倫をしてしまう心理に理解を示す意見が多く寄せられました。このように傾向に違いがあることを認識しておくことは、とても大切といえるでしょう。


夫の場合は、妻も同じように理解してくれると考えていると痛い目にあう可能性があります。妻の場合は、夫も同じように不倫を嫌悪していると考えるのは甘いかもしれません。


男女のこのような違いを知っておくことは、夫婦の関係を良くする歩み寄りのヒントにもなるのではないでしょうか。


関連記事

あなたは不倫した経験がありますか?男女別に聞いて割合を出してみた





SNSで浮気発見

名古屋の探偵事務所一覧

 

浮気調査お役立ち情報

 

名古屋の浮気コラム

 

浮気アンケート調査

 

サイバーエージェントFXの評判