浮気アンケート調査

男女で考え方が大きく違う!?浮気を考えた一番の理由を男女別に調査・比較!

普段パートナーのことを愛していたとしても、けんかやストレスなどふとした理由で「浮気したい」と思ったことがあるという人は少なくないでしょう。


そこで「今までに浮気したいと思った一番の理由」について、男女200人にアンケート調査を実施したので、男女でどのような回答の違いがあるのか詳しく見てみましょう。


男性は好みの女性に弱い!?夫婦関係が良好でも浮気を考える人も



まずは既婚男性のアンケート結果について、多かった回答とその理由を覗いてみましょう。最多回答だったのは、「好みのタイプの異性が現れた」で、全体の約30%を占めました。


こちらの項目を選んだ人の中には、

「もともと夫婦関係が破たんしているときに、たまたま出会った女性が、まさに好みのタイプでした。(40代/男性/経営者/既婚)」
という方のように、その当時夫婦生活がぎくしゃくしていたというタイミングの方もいれば、
「現状に不満があったわけではなくとも、やっぱり目の前にかわいい子がいれば考えてしまうのが男の性。(20代/男性/派遣社員/既婚)」


「基本女性が好きですし好みのタイプが現れチャンスがあれば迷わず浮気します。ストレスや不満があるなしにかかわらずです。(40代/男性/無職/既婚)」
という方のように、特段夫婦生活に不満がなくても、好みの女性がいた場合はチャンスをうかがうという声も多くありました。


次いで多かった回答は、

「パートナーとのセックスレス」でした。「子供ができてから、全く相手が自分を男として感じなくなったから。(30代/男性/個人事業主/既婚)」
というように、子供が生まれてからセックスレスになったと言う声や、
「パートナーのことを嫌いではないのですが、夜の相性とか、それぞれのペースが異なることで負担になることもあります。そうしたときにはやっぱり思うこともありますね(40代/男性/パート・アルバイト/既婚)」
というように、お互いのペースがなかなか合わないという声が多く挙がりました。


なかには、

「単身赴任でかつ、家に帰っても全くセックスがないのでやむなく。これも仕方ないと思います。(40代/男性/正社員/既婚)」
という、性欲の発散先がなく辛いという声もありました。


お酒の勢いは少数派!でもお酒の場で開放的になる意見は多め



次に既婚男性のアンケート結果で、少なかった回答とコメントを見てみます。最も回答数が少なかったのは、「パートナーの浮気」でした。


「元妻がアルバイト先の従業員とキスをしているプリクラを見つけて問い詰めたら浮気している事実を聞いた時に自分も仕返ししたいと思ったから。(30代/男性/正社員/既婚)」
とコメントした方のように、自分がされたらどのような気持ちになるのかパートナーに知ってもらいたい仕返しの意味があると回答した人がいました。


次に少なかった回答は「お酒の勢いで」で、10%強の回答数です。

「お酒を飲みすぎると理性も何もかも吹っ飛ぶときがある。素面に戻ったとき怖くなる。(30代/男性/個人事業主/既婚)」


「仕事関係の女性と飲みに行った時にお互いに酔ってしまって成り行きでホテルに行きました。(60代/男性/個人事業主/既婚)」
というように、お酒を飲んだときや飲み会の雰囲気で気分が開放的になってしまうという方が多く見られました。そのため中には、
「お酒を飲むと、誰でもいいから抱きたくなってしまいますので、お酒を控えています(30代/男性/正社員/既婚)」
という方もいました。


女性は浮気願望少なめ?一方で家事と仕事の板ばさみになると考えてしまう人も



最も多かった回答は、「浮気をしたいと思ったことはない」で、半数以上の方が回答しました。


詳しくコメントを見てみると、

「喜ばしいことに、我が家の夫婦仲は良好です。浮気を考えたことはありません。お互いに相手がやってくれて当たり前と思わず、感謝の気持ちを言葉にして表わすようにしているからでしょうか。年を取っても、この思いやりの気持ちを忘れないようにしたいですね。(30代/女性/専業主婦/既婚)」


「夫は優しく、一途で、私を大切にしてくれているので、浮気を考えたことはありません。(30代/女性/パート・アルバイト/既婚)」という方のように、夫一筋という人が多く見られました。


また一方で、

「また最初から恋愛をする元気がすでにない。正直面倒くさいと感じてしまいます。(40代/女性/専業主婦/既婚)」


「旦那以外の人とそういうことになるのは面倒なので、浮気したいと思ったことはない。(40代/女性/専業主婦/既婚)」
と、新しく恋愛関係を築くのが面倒だという声も多く挙がりました。


次いで多かった回答は、「家庭でのストレス」でした。特に多かった声が

「夫がゲームばかりして話をろくに聞かない時には考えました。寂しさですね。(20代/女性/専業主婦/既婚)」
という声に見られる夫との会話の減少や、
「私も共働きをしているのに家事は全部私で自由に使うお小遣いもなく髪も切れない。でも主人は欲しい物を沢山買ってお金が足りないという(20代/女性/専業主婦/既婚)」
というように自分自身に自由がないと感じたときに浮気を考えるという人が多かったです。


女性も「お酒がきっかけ」は少数派


既婚女性のアンケート結果で一番少なかった回答は、「仕事でのストレス」で、回答数は1人でした。次いで少なかったのは、「お酒の勢いで」と「パートナーの浮気」で、いずれも約5%の回答率でした。


「お酒の勢いで」と回答した方の声としては、

「お酒を飲んだときにいつのまにかその気になっていて、その関係が続いてしまった。(30代/女性/派遣社員/既婚)」


「高校の同窓会で元カレと出会い、二次会で思い出話に花が咲き、それとなく誘われた。(50代/女性/専業主婦/既婚)」
というように、お酒の飲み会の雰囲気で浮気した方が何人かいました。


「パートナーの浮気」と回答した方の声を見てみると、

「彼に浮気された時はショックだったのと怒りで自分もしようかと思ったことはあります。(20代/女性/専業主婦/既婚)」
というように、同様の項目を回答した男性と似たような理由の人もいました。


しかし中には、

「私はお付き合いしたのが初めてだったが、彼は遊び人。今は遊んでないといわれても、なかなか信じられず、私も遊ぼうかな?と思うこともあった。(20代/女性/パート・アルバイト/既婚)」
というように、パートナーの浮気の事実がなくても浮気を考えたという女性の意見もいくつかありました。


浮気のきっかけは男女で大きな違いが



「今までに浮気したいと思った一番の理由」について聞いた今回のアンケートですが、男女によって回答した項目は大きく異なりました。


一番特徴的だったのは「浮気をしたいと思ったことはない」についての回答割合で、女性が半数以上の回答だったのに対して、男性が2割ほどの回答にとどまった点です。


浮気を考えた理由は、性別だけでなくもちろん個人差がありますが、日ごろからパートナーの気持ちや意見を尊重して、良好な関係を築きたいですね。


関連記事

あなたは不倫した経験がありますか?男女別に聞いて割合を出してみた
不倫を許せるかアンケート調査を実施!男女の答えの違いを徹底比較
どこからが浮気?境界線はどこ!?既婚男女の考え方を徹底検証
パートナーが浮気をしたら気づく?男女別のアンケート結果を比較!





SNSで浮気発見

名古屋の探偵事務所一覧

 

浮気調査お役立ち情報

 

名古屋の浮気コラム

 

浮気アンケート調査

 

サイバーエージェントFXの評判